デオクリスタルの概要とメリットとデメリット


デオクリスタルの概要とメリットとデメリット

 

ワキのニオイで悩まされている方は、臭い対策をどうやっていますか?

 

デオクリスタルはわきが対策のグッズで、臭いを吸収するアルム石を使っていて、持ち歩いていても気にならない特徴を持っているのは、メリットとして大きいと言えます。

 

でも石の粉が嫌な臭いを実際にはどれくらい抑えてくれる効果があるのかは、気になるところですよね。

 

デオクリスタルに使われているアルム石ですが、古くから体臭防止剤としてヨーロッパやメキシコさらにオーストラリアなどで使われてきていて、殺菌したり皮膚収斂作用の効果を期待できるのです。

 

一般的なワキがを抑える消臭作用グッズはスプレータイプが多いのですが、デオクリスタルは肌に直接働きかけるタイプではないので、制汗作用が弱いのはデメリットです。

 

でもデオクリスタルはあまり汗が出ない人で臭いが気になる人向きだと言えます。また、無臭ですからスプレータイプとの併用が可能となってきますので、さらに臭い対策効果がアップがされていきます。

 

デオクリスタルを家にいるときから常時使っていって、スプレータイプは外に出かける前に使う方法が良いのです。

 

 

グランズレメディの概要とメリットとデメリット

足の臭いで悩まされている方ですが、もう「グランズレメディ」を試してみましたか?足って靴を履いて蒸れてくると嫌なニオイがしてくる人がいらっしゃいます。

 

ですから異臭対策を考えなければなりませんが、グランズレメディは粉末状になっていて、スプーン一杯の粉を靴を履く前に振りかけておくと嫌なニオイを取り除けます。

 

振りかけてから4日から一週間でニオイが消えていき、定期的に使っていくと靴の中は臭わなくなっていくのです。

 

さらにグランズレメディは使い続けていくと臭いを抑える力の持続性が長くなっていって、最初は一週間くらいだった効き目が一ヶ月と長くなっていくのです。

 

グランズレメディは、靴の中のバクテリアを除菌する働きを持っていますから履いている靴の全てに使っていくことで臭わなくて気持ちの良い足でいられるのです。

 

でもグランズレメディで気になるのは、粉の粒子が片栗粉と同じくらい非常に細かいので、靴下に付着してしまうのはデメリットです。靴下の色が濃いものを履けば、粉が付いた状態が気になってきます。

 

さらに靴に振りかけるときに粉が舞い上がってしまうので注意しなければなりません。