足のむくみの原因とは?注意すべき病気の可能性も

 

健康な人でも、デスクワークや立ち仕事などで同じ姿勢を繰り返していた時など足に疲労があるときには足がむくみます。

 

しかし、注意すべき病気が潜んでいる場合もあるので足のむくみには注意が必要です。

 

誰でも経験するようなむくみの場合、同じ姿勢を続けることなどが原因で足の血流やリンパの流れが悪くなり足に水分が蓄積してむくみます。

 

運動不足や冷え性、血行不良、水分、塩分の摂りすぎも原因になります。注意しなくてはいけないのは、病気が隠れている可能性です。

 

「下肢静脈瘤」は、静脈にある血液の逆流を防ぐ役割の静脈弁が壊れて血液が逆流し、血液が足に溜まる病気です。

 

血管の病気によって血液が足になまってひどくなると肌が黒ずんだり湿疹やかゆみの症状が出る場合もあります。

 

「肝臓疾患」は、血管内に水分を保持するアルブミン等成分がありますが、肝臓が弱ることでうまく生成されなくなります。

 

動脈の血管の水分が出やすくなって静脈に水分が戻りにくい状態になってむくみが起こる場合もあります。

 

「腎臓疾患」の場合、体の中の余分な水分を尿として排出できなくなってむくみの原因になる場合も考えられます。

 

「心臓疾患」の場合、心臓が弱っていて血液をうまく送り出すことができずにむくむ場合もあります。

6ページ表示

#サイト名PRリンク