花粉症対策

 

温かい春の訪れはとても嬉しいことですが、懸念されるのが憂鬱な花粉症です。

 

花粉症対策で大事なことは、アレルゲンを避けることです。特に花粉の飛散量が多いときは外出を控え、気温の高くなる午後は外出を避けるべきです。

 

どうしても外出しなければならない時は、対策として、マスクやメガネを必ず装着することです。

 

また、外から帰ってきた時は、衣服や髪に付着した花粉をしっかり払い落とすことを忘れてはいけません。

 

うがいの励行も必須です。春の花粉症対策として有効なのは、花粉の飛散日の2週間くらい前から、抗アレルギー薬を服用することです。

 

春の花粉症の治療の基本は、薬物療法にあり、シーズンに入って症状がひどくなってから病院へ行くのは遅すぎます。

 

春の花粉が飛び始める前に医療機関を受診し、シーズンの2週間くらい前から自分にあった薬を飲むようにすれば、症状軽減に役立ちます。

 

主として、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン剤、抗ロイコトリエン薬などが用いられます。

 

春の花粉症対策は、初期治療が最も有効です。春の花粉症対策をするなら、最寄の病院に行き、かかりつけ医に対策を相談するのが一番です。